馬プラセンタと豚プラセンタどちらがいいの?|より効果が実感できるサプリを徹底検証

馬プラセンタと豚プラセンタを徹底比較

馬プラセンタ
  • 年間出産回数

    1回出産/1年
    1年間かけて栄養分を胎盤にため込むので栄養素が高い

  • 1回あたりの出産数

    1頭
    1度に1頭しか出産しないので胎盤の状態が肉厚で濃厚となっている

  • 安全性

    病気感染防止網が巡らされた衛生管理の下で飼育されているので安全性が高い

  • アミノ酸含有量

    豚プラセンタの約300倍のアミノ酸含有量を誇る

  • 価格

    希少価値が高いので価格設定は高め

豚プラセンタ
  • 年間出産回数

    2回出産/1年
    1年に2回出産するので胎盤に栄養素がたまりにくい

  • 1回あたりの出産数

    約10頭
    1度に約10頭も出産するので胎盤の状態が薄い水膜状態になっている

  • 安全性

    インフルエンザや口蹄疫などの病気にかかりやすく安全性はやや劣る

  • アミノ酸含有量

    馬プラセンタの300分の1程度の含有量にとどまる

  • 価格

    流通量が多く価格設定は低め

効果・安全性で選ぶなら馬、価格で選ぶなら豚!

馬プラセンタは豚プラセンタに比べて栄養素が高く、高い効果が期待できます。しかも安全性にも優れているので、実感力で選ぶなら馬プラセンタを強くおすすめします。プラセンタを摂取したいけれど、どうしても安く済ませたいという方には豚プラセンタがおすすめです。